2月6日~8日 3年生 スピーチ

国語の授業で、「南中学校を卒業するにあたって」というテーマで、一人一人が自分の思いを発表しました。
部活動で辞めたくなった時に支えてくれた仲間の存在。みんなで協力して達成感を味わった体育大会や合唱コンクール。職場体験を通して抱いた将来の夢。生徒会や委員会で味わったやりがい。修学旅行の民泊でのおじいちゃん、おばあちゃん、お父さん、お母さんとの出会い。・・・次のステージでも、それぞれの経験から学んだことをもとに取り組んでいきたいと、どの生徒も自分らしい言葉でしっかりと表現していました。
最後に、「卒業まで残された時間はあとわずかですが、よろしくお願いします。」という発表もありました。仲間と共に充実した時間を過ごしてほしいものです。
   
 

2月6日(水)1年生 国際理解学習

5・6時間目、JICA(独立行政法人国際協力機構)の方に来ていただき、国際理解学習を行いました。青年海外協力隊として、ボツワナ、ジブチ、ウガンダ、ガーナに派遣された4名の方に来ていただき、クラス単位でそれぞれの国のようすや日本との違いなどについて話をしていただきました。
    
 

2月2日(土)花壇の整備

PTAの環境整備で花植えをしていただく前に、ソフトテニス部の生徒が朝早くから花壇の整備をしてくれました。おかげでPTAの方の作業もスムーズに進みました。
  
 

2月1日(金) 2年生 命のふれあい授業

助産師の南川さんに来ていただき、男女共生学習に取り組みました。
前半は命の誕生についての講話と心音を聴くドップラー体験をしました。後半は感染症やデートDV、SNSトラブルなどについての講話と妊婦ジャケットの着用や赤ちゃんの重さを知る体験をしました。

自分の命の大切さを知るとともに、周りの人たちの命も同じように大切であることに気づいたり、命は保護者をはじめ周囲の人々の愛情や毎日の支援があって育つものであるということを感じ取ったことだと思います。性感染症やデートDVなどのお話をもとに、性差の違いを認め、お互いを尊重し合える思いやりの気持ちを大切にしていってほしいと思います。
   
 

2月1日(金) 1年生 英語スピーキングテスト

ALTのジョイ先生の英語での質問に、英語で答えていきます。これまでの学習をもとに、自分の言葉で表現しようと一生懸命取り組んでいました。
  
 

3年 学年末テスト

1月29日~2月1日まで3日間、3年生の中学校生活最後の定期テストがありました。入学試験も控えていて、どの生徒も集中して、取り組んでいました。インフルエンザが流行する時期ですので、体調管理に気をつけて、受験シーズンを乗り切ってほしいと思います。