8月31日 体育大会に向けたダンス練習開始

今年の体育大会は、新型コロナウイル感染拡大防止の観点から規模を縮小し、生徒のみで実施することとしていますが、カラー団ごとのダンスづくりが今日から始まりました。
3年生の各学級の体育委員、応援リーダーの他、ボランティアの生徒らによって、緑・青・黄・赤団それぞれで工夫して考えています。今後、出来上がったダンスを1・2年生に伝達していきます。
    

9月25日の体育大会に向け、3年生がリーダーシップを発揮することを期待しています。
 

平和メッセー樹

8月6日の平和集会で一人ひとりが書いた平和メッセージを『平和メッセー樹』として、2階の渡り廊下に展示しています。
  

 

8月26日・31日 新型コロナウイルス感染症に関する学習

2・3年生は26日に、1年生は31日に新型コロナウイルス感染症に関連する差別や偏見について学習しました。

<内容>
○感染した場合の治療の経過について正しい知識を学ぶ
○感染者、濃厚接触者、社会機能の維持にあたる方等とその家族に対する誤解や偏見に基づく差別は許されないこと
○見えないウイルスの不安から、特定の対象者を嫌悪の対象としてしまうことで、差別や偏見が起こること
○差別や偏見のもととなる「不安」を解消するためにも、正しい情報(公的な機関が提供する情報)を得ること、悪い情報ばかりに目を向けないこと、差別的な言動に同調しないことが大切であること
  

コロナウイルスから自分を守ることは、家族や友達、世界中のみんなを守ることにもつながります。

不安な時は、一人で悩まず、家族、友達、先生、スクールカウンセラーなどに相談しましょう。

 

8月24日(月)2学期始業式

2週間というこれまでにない短い夏休みでしたが、本日2学期始業式(校内放送)を行いました。南中通信に書いてある内容を話しました。

その後の学級指導では、感染症防止教育と2学期スタートにあたり、それぞれの目標やこれからの抱負について考え、取り組みました。

一人ひとりにとって、実り多い2学期となることを期待しています。
 

8月6日(木)平和集会

毎年夏休みに実施してきた平和登校日ですが、今年は課業中の実施となりましたので、朝学活の時間に全校で黙とうを行いました。

その後、新聞報道にあった『差別の記憶「なぜ繰り返す」』(長崎で被爆後避難しているとき、バイ菌を持っているか分からないからと水を分けてもらえなかったこと ⇒ 福島第一原発で、福島からの避難者が宿泊を拒否されたこと ⇒ 新型コロナウイルスで医療関係者の子どもが保育園の通園を拒否されたこと)記事の内容を放送で聴きました。

そして最後に、一人一人が平和へのメッセージを書き、夏休み明けに全員のメッセージで「平和メッセー樹」という1本のオブジェを完成する予定です。

  
 

8月5日(水)平和学習

8月6日の平和集会に向けて、各学年でそれぞれの教材をもとに平和学習に取り組みました。

1年生:漫画「はだしのゲン」

2年生:NHKスペシャル【証言記録 市民たちの戦争】
「ぼくたちは兵器を作った~大阪砲兵工廠~」

3年生:動画「原爆の絵」

最後には、ワークシートに「自分にとって大切なもの」「平和を築くためにできること」などを書き、平和学習の振り返りをしました。