10月16日 大根の間引き(3年生)

9月18日に種をまいた大根の間引きをして、1か所一株にしました。中には、三本とも抜いてしまう場面も…
間引きした葉を持ち帰りましたが、どんな料理をしたのでしょうか。この後、冬の収穫まですくすく育つことを願っています。
  

一週間遅れで種をまいた大根の間引きまでは、もう少しかかりそうです。
 

10月7・8日 点字学習(2年生)

2年生は、視覚障がいのある方の講話を聴き、点字による名刺づくりに取り組みました。点字に対して、目で読むすべての文字のことを墨字(すみじ)といいますが、目の不自由な人にとって墨字は何の意味もありません。点字が考案された意義と点字の仕組みについて学びました。
  
 

10月4日 ボッチャ体験(1年生)

1年生は、大阪体育大学の先生や学生さんを講師として来ていただき、だれでも楽しめる『ボッチャ』体験と共に、障がい者スポーツについて学びました。ボッチャは、東京パラリンピックの正式種目となっています。障がいのあるなしに関わらず、だれもが一緒に競い合い、楽しむスポーツとして理解が深まったことと思います。

   

  
 

10月2日 手話体験(3年生)

障がい者理解学習として、各学年で体験を通した取組みを行っています。

3年生は、聴覚障がいのある方からの聞き取りと手話体験を通して、共に生きることの意味をとらえ、どのようにして共生社会を作り出せばいいのかについて考えました。