日時

令和元年6月9日(日)~ 11日(火)

行き先

長崎県 長崎市・南島原市

1日目(6月9日)

出発式

 5時40分 青空とさわやかな風の中、出発式です。ケガなく思い出に残る修学旅行にしましょう!

  

  

  

新大阪駅到着

 新幹線に乗って博多へ向かいます。

  

博多到着

 博多に到着しました。バスに乗り換えて長崎県へ出発!

    

昼食

 大村湾SAで休憩。クラスごとに昼食をとります。

 

 平和学習

予定通り長崎県に到着し、平和記念像の前で集合写真を撮影しました。

その後、さるくガイドツアーを開始し、原爆資料館の見学です。

  

平和セレモニー

爆心地で平和セレモニーを開き、3年生で作り上げた平和宣言の朗読を行いました。

  

大阪狭山市立南中学校 平和宣言

 

1945年8月9日午前11時2分長崎に原子爆弾が落とされ、

7万4千人の命が一瞬にして失われました。

まちは壊滅し、今も原子爆弾の後遺症に苦しむ人がいます。

このように原子爆弾はたくさんの人の心と体に傷跡を残しました。

私たちの日常の中の当たり前のこと。

家族や友だちと笑って暮らせること。

学校に行って勉強できること。

毎年、新しい教科書をもらえること。

食べたいものを好きなだけ食べられること。

戦争の悲劇はそんな当たり前を奪っていきます。

今の私たちの当たり前は、とても幸せでありがたいこと。

この当たり前を、これからも守りたい。

原爆の悲惨さ、戦争のおろかさを教えてくれた飯田さんと出会い、

平和を守るために私たちにできることを考えました。

広島、長崎に原爆が落とされたことを知らない人に、核兵器のおそろしさを伝えていきます。

いじめや差別をなくし、思いやりをもって助け合って生きていきます。

間違ったことには声を上げる勇気を大切にします。

原爆で亡くなった方たちが、私たちの後ろから励ましてくれている、そんな思いで私たちも後世に語り継ぎます。

たくさんの命が犠牲になった過去はもう変えられません。

でも、未来は私たちの意思で変えられます。

もう二度と戦争という過ちを繰り返してはいけません。

戦争のない世界で生きられる幸せに感謝して、

平和な日常がずっと続く世界を私たちがつくっていくことを誓います。

  令和元年6月9日 大阪狭山市立南中学校 一同

長崎ブルースカイホテル到着

スムースな行動のおかげで予定より早くホテルに到着しました。

  

  

夕食

入館式でホテルの人にあいさつをし、待ちにまった夕食です。

 

入浴後の部屋でのくつろぎタイム

レクレーション大会

レクレーション大会と、クラスごとの一日の振り返りをし、就寝です。

  

2日目(6月10日)

朝食

長崎県は晴れています。

6時30分に起床し、朝ご飯。お世話になったホテルの方にお礼を言い、長崎市内のフィールドワークに出発です。

 

長崎市内フィールドワーク

グループごとにグラバー園や大浦天主堂をフィールドワークしています。いい天気です。

 

昼食

オランダ物産館で全員で昼食です。メニューは名物の皿うどんです。本場の味を堪能しています。

 

南島原 入村式

南島原に到着し、民泊の入村式です。それぞれの民泊先の方々に温かく迎えて頂きました。

人とのつながりを感じられる民泊になるといいですね。

 

3日目(6月11日)

離村式

体育館で全員で「思い出の1枚」を撮影し、離村式です。

涙の別れです。